読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台就労移行支援|障害者サポートセンター|精神・身体・知的 

宮城県仙台市の就労移行支援、manaby二日町事業所|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@manabi-f.com

仙台の適応障害の方、働く前に自信と体力、スキルを訓練、就労支援施設はご存知ですか?

f:id:tsukurusendai:20161124140630j:plain

ストレスが多いとされる現代社会。
仙台でも適応障害と診断される人が増えています。

適応障害とは、周囲に「適応」できず、心身が「障害」状態になってしまうこと。
周囲の環境が原因だと特定できる時に、それに着目した疾患名であり、結果として現れる症状は様々です。
 働く前に利用できる福祉サービス、就労移行支援事業所とは?

<1>適応障害とは?

 ストレスが多いとされる昨今、仙台でも適応障害と診断される人が増えています。
適応障害とは、心身の「障害」状態に対して、周囲の環境に「適応」できないことが原因だと特定できる時、それに着目して名付けられる疾患名。

症状は、不安や抑うつ感などの精神症状、頭痛や腹痛などの身体症状など様々ですが、原因が除去されれば改善が期待できる点が共通です。
逆に言えば、原因が除去されても改善されない症状は、周囲への適応との関連は低いため、症状に着目した疾患名となります。

また、当初は、周囲のストレスによる適応障害であっても、症状が悪化したり慢性化したりして、当初の原因を除去するだけでは改善できなくなり、症状に適した疾患名に変更されることもあります。
例えば、不安や抑うつ感などであれば、当初は回復可能な適応障害であっても、原因となるストレスがなかなか除去されなかったりして症状が悪化・慢性化すれば、「不安障害」「うつ病」などの疾患になってしまいます。

適応障害うつ病はどう違うのか?とよく問われますが、明確な境界線は無いようです。
多くの場合、一時的か慢性的か、軽いか重いかなどの症状で判断されます。
ただし、適応障害は器質的な問題ではないとされますが、うつ病では、脳の働きの低下が考えられるため、それを改善する薬が投与されることがあります。  


<2>適応障害の治療

仙台でも増えている適応障害
どんな治療方法があるのでしょうか。

 適応障害は、周囲からのストレスが原因であるため、治療としては、まず、ストレスを取り除くことが目指され、社会生活上のカウンセリングやアドバイスがなされます。

例えば、仕事上のストレスを取り除くために、部署・会社・職種などを変える方策を検討します。
しかし、仕事をすぐに変えるのは、現実的には難しいですし、他にも家族関係など、自分の意志で変えられないことは多いです。


周囲を変えられない場合は、環境への適応力を高めるための心理療法が行われます。

適応障害の人が周囲の状況をどう受け止めているか確認すると、客観的には環境にそれほど問題がなくても、本人が過剰に否定的に受け止めてしまっている場合があります。
これは、認識の仕方が誤った方向にパターン化されているためです。

適応障害に陥りがちなパターンは医学的に分析されており、そうなっている場合には、まずそれの修正が必要です。
例えば、周囲の環境は自分に都合よくできておらず、全ての希望がすぐに叶う訳ではないことを認識してもらいます。
さらに、向き合うべき問題と症状を明らかにして、治療者と患者が協同的に解決方法を見出していきます。


適応障害の治療は、このように、周囲のストレスを取り除くための社会生活上のカウンセリングや、ストレスに対処するための心理療法が中心となります。
心身の器質的な障害ではないため、薬物療法は推奨されません。  

<3>適応障害の就労支援

 適応障害が大きな問題となるのは、就労の局面でしょう。
子供であれば、適応障害不登校になっても、親の保護下で生活はできますが、大人になって就労に適応できなければ、生活できなくなってしまいます。

社会人が適応障害になると、気分の落ち込み、体のだるさなど心身に症状が出て、仕事に行けなくなります。
とはいえ初めは、仕事のない休日は体調がよくなるなど症状は軽度であり、この症状のうちに、転職先を見つけたり適切な治療を受けたりすれば、就労を再開できるでしょう。
しかし、ストレスへの対処がうまくいかないと、退社に至り、再就職もうまくいかなくなります。
また、症状も、例えば気分の落ち込みが慢性化すると、うつ病にまで至ってしまいます。


こうなった場合には、医療機関での治療と共に、障害者の就労を支援する福祉サービスを利用するのがお勧めです。

福祉サービスといえば、旧来は、重い障害のある方の日常生活を支援するのが主でした。
しかし、近年は、障害者の就労支援が国の重要な施策になっており、日常生活に支障がない適応障害のような症状の人も、就労が困難であればそれを支援しようという方針の下、新しいサービスが生まれています。

その代表が、仙台でも増えている、就労移行支援事業所です。
障害者が就労訓練をする民間の施設ですが、行政が支援しているため、障害者は安価に(または無料で)質の高いサービスを受けられます。

利用資格は行政が審査しますが、障害名に関わらず、就労支援がどれだけ必要かという観点から個別的になされ、適応障害の方も対象となります。

<4>仙台の就労支援事業所

就労移行支援事業所は、法定の障害者就労支援サービスを行う施設ですが、具体的な職業訓練の内容などは、各事業所に任されています。
そのため、仙台でも多くの事業所が様々な訓練を行っています。

例えば、作業系では、封入・包装作業などインドア系から、農作業などアウトドア系まで、また事務系では、書類管理などルーティン系から、パソコンによるデザインなどクリエイティブ系まで、様々です。

さらに、進化したネットワーク環境を活用して、在宅就労を目指せる所もあります。
そこでは、パソコンの基本操作はもとより、ライティング技術、デザインソフト操作、ホームページ作成、アフィリエイト活用、SEO対策など、インターネットのクラウドサービスで仕事ができるような技術を学べます。

このように、仙台では就労支援事業所が充実し、障害者も自分の将来の希望に応じた事業所を選べるようになってきています。

 

 

障害者の働くを支援する事業所とは?

 障害者の就労移行支援事業の「manabi二日町」事業所で「障害者の新しい働き方 自宅で働くための個別相談」を随時行っています。

         ↓

 manabi二日町事業所 

電話番号
事業名
定休日
営業時間
席数
駐車場
住所
近隣施設

お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせは・・・mail info@manabi-f.com

                                    TEL 022-725-7224

 利用者さんの感想 3名

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

広告

 

 

 

 

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
2017年今後のイベント予定 13:00〜

体験通所受付中です

仙台精神障害者サポートセンターとは? |働く|仕事|シェアハウス|賃貸アパート|住む|生活保護|障害年金|障害手帳|自立支援医療|ふれあい乗車証|各種福祉サービスアドバイス|