読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台就労移行支援|障害者サポートセンター|精神・身体・知的 

宮城県仙台市の就労移行支援、manaby二日町事業所|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@manabi-f.com

仙台の不眠症(睡眠障害)の方、仕事はどうされていますか?就労移行支援事業所がサポートします!

f:id:tsukurusendai:20161130113345j:plain

睡眠は、「誰でも自然にできること」「生産性のない無駄な時間」などと、軽く捉えられがちです。
  しかし、近年、良い仕事のためにも良い睡眠が必要だとの認識が高まり、そのための医学的サポートも広がっています。
  複雑な現代社会では、自然に良い睡眠を取るのは難しく、不眠症を訴える人が、仙台でも増えています。


<1>不眠症睡眠障害)とは?

睡眠を取るのは、本能的で自然な行為です。
しかし、ストレスの多い現代社会では、それが難しくなっており、不眠症睡眠障害)を訴える人が、仙台でも増えています。

ただし、うまく眠れないから不眠症であるとは限りません。
うまく眠れないと言っても、症状は様々であり、医学的な疾患名も様々です。


まず、「うまく眠れない」状態は、「睡眠障害」と総称されます。
そして、どのようにうまく眠れないか、その症状について、様々な疾患名があります。

不眠症はその一つで、寝つきが悪い、長時間眠れない、眠りが浅い、などの症状が続き、日常に支障をきたす状態を指します。

日本では、5人に1人位に何らかの不眠症状があるとされます。
年齢的には、20代以降、大人になってから発症し、加齢とともに増加する傾向があります。
性別では、男性よりも女性に多いと言われます。

症状にはいくつかのタイプがあり、次のどれかに当てはまれば、不眠症睡眠障害)と言えます。
■寝つきが悪い「入眠困難
■寝ている途中に何度も目覚める「中途覚醒
■目覚めが早すぎる「早朝覚醒
■深く眠れない「熟眠障害」

逆に、症状がこれらに当てはまらなければ、別の睡眠障害かもしれません。
例えば、不眠と反対に、眠気が過度に襲ってきて、日常に支障をきたすような症状であれば、「過眠症」です。

また、寝られたとしても望ましい時間に寝られず、日常に支障をきたすような症状は、「概日リズム睡眠障害」です。
若者にもよく見られる、「宵っ張りの朝寝坊」はその一つで、「睡眠相後退症候群」と言われます。

睡眠障害には、これら以外にも多くの症状があります。  




<2>不眠症睡眠障害)の治療


不眠症睡眠障害)の原因は様々ですが、4つに大別されます。
■明るい、騒がしい、暑いなどの「環境要因」
■体質(年齢、性別など)、体調不良(頻尿、痛み、かゆみなど)などの「身体要因」
■不安、悩みなどの「心理要因」
■飲酒、喫煙、服薬、運動不足などの「習慣要因」

不眠症睡眠障害)は、こうした要因によって、自律神経が乱れることで起こります。
具体的には、体を覚醒させる交感神経の働きが、体をリラックスさせる副交感神経の働きを上回ると、眠れなくなります。

上に挙げた4つの要因は、どれも交感神経を刺激するストレスとなりますので、不眠症睡眠障害)の治療は、それらの要因を取り除くことが中心となります。
■「環境要因」であれば、周囲にある問題を取り除き、寝やすい環境を整えましょう。
■「身体要因」であれば、まず体質や体調を把握して、それを整えましょう。
■「心理要因」であれば、日常の精神的ストレスを緩和しましょう。
■「習慣要因」であれば、アルコール、ニコチン、カフェインなどの刺激物を控えたり、適度な運動で自律神経の働きを整えたりしましょう。
また、服薬の影響が考えられる場合には、医師に相談しましょう。

不眠症睡眠障害)に対しては、まずはこのように、不眠を促す要因を取り除くことが重要です。
睡眠を取るのは本能的なことなので、阻害要因がなくなれば、自然によく眠れるようになるでしょう。

しかし、人間の体も現代社会も複雑なので、全ての要因をすぐに除去するのは困難です。
そのような状況で、不眠症の度合いが深刻な場合には、睡眠薬を服用して睡眠をコントロールすることもあります。  




<3>不眠症睡眠障害)と仕事


現代、特に仙台のような大都市では、仕事において効率や生産性が重視されます。
その中で、睡眠は生産性のない無駄な時間と軽視されがちです。

しかし、近年では、仕事で生産性を上げるには、良い睡眠が必要だとの認識も高まりつつあります。
良い睡眠が取れていなければ、認知や運動の機能が低下し、仕事の生産性も落ちると、医学的にも言われています。
そのため、企業などでも、残業を制限したり、休憩時間に短い睡眠を取ったりするのを推奨したりする動きもあります。

とはいえ、それはまだ一部で、多くの会社は、目前の仕事をこなすのに精一杯で、社員の睡眠に気を遣う余裕はありません。
また、社会人の間では、睡眠時間を削って仕事をするのが美徳とされる風潮も根強いです。

そうした現状では、睡眠の重要性を感じた人がそれぞれ、良い睡眠を取ることを考えねばなりません。
よい睡眠には時間も質も大切で、どの程度かは人それぞれなので、自分でコントロールせねばなりません。

ちなみに、多くの仕事をこなしている人は、あまり寝ていないと思われがちですが、特に顕著な成果を出している人に注目すると、逆に平均以上に長く眠っている人が多いようです。
これは、睡眠時間をしっかり確保した方が、一定の仕事時間の中で、高い成果を上げられる、ということでしょう。
また、仕事ができる人は、生活全般の自己管理ができるということでもあるでしょう。

もし不眠症になってしまったら、仕事のパフォーマンスにも響きますので、何とか改善することを目指しましょう。




<4>不眠症睡眠障害)の就労支援


良い睡眠を取ることは、仕事を続ける上で不可欠であり、もし不眠症になってしまったら、改善が必要です。
仕事をしながら治せればよいですが、難しければ治療に専念し、回復してから就労を目指しましょう。

とはいえ、不眠症は体質や生活習慣など多くの要素が複雑に関係しており、仕事をするまでに少しずつ体を慣らしていくことが必要です。


そのためには、最近仙台でも増えている、就労移行支援事業所を利用するのがいいでしょう。
就労移行支援事業所は、障害者が就労訓練をする民間の施設ですが、行政が支援しているため、障害者は安価に(または無料で)質の高いサービスを受けられます。

利用資格は行政が審査しますが、障害名に関わらず、就労支援がどれだけ必要かという観点から個別的になされ、不眠症の方も対象となります。


就労移行支援事業所には、一日4~5時間、週3日~5日程度、通所するのが必須ですが、これにより、少しずつ就労に向けて体を慣らしていくことができるでしょう。

具体的な職業訓練の内容は、各事業所に任されており、作業系から事務系まで様々で、中には、進化したネットワーク環境を活用して、在宅就労を目指せる所もあります。
そこでは、パソコンの基本操作はもとより、ライティング技術、デザインソフト操作、ホームページ作成、アフィリエイト活用、SEO対策など、インターネットのクラウドサービスで仕事ができるような技術を学べます。

不眠症睡眠障害)の場合、会社の勤務時間に体を合わせるのが大変となるので、技術を学んで、在宅就労を目指すのもよいでしょう。

このように、仙台では就労支援事業所が充実し、不眠症の方も自分の将来の希望に応じた事業所を選べるようになってきています。

障害者の働くを支援する事業所とは?

 障害者の就労移行支援事業の「manabi二日町」事業所で「障害者の新しい働き方 自宅で働くための個別相談」を随時行っています。

         ↓

 manabi二日町事業所 

電話番号
事業名
定休日
営業時間
席数
駐車場
住所
近隣施設

お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせは・・・mail info@manabi-f.com

                                    TEL 022-725-7224

 利用者さんの感想 3名

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

広告

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
2017年今後のイベント予定 13:00〜

体験通所受付中です

仙台精神障害者サポートセンターとは? |働く|仕事|シェアハウス|賃貸アパート|住む|生活保護|障害年金|障害手帳|自立支援医療|ふれあい乗車証|各種福祉サービスアドバイス|