読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台就労移行支援|障害者サポートセンター|精神・身体・知的 

宮城県仙台市の就労移行支援、manaby二日町事業所|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@manabi-f.com

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の方が働くために!就労移行支援事業所がmanabi二日町事業所がサポートします

f:id:tsukurusendai:20161216142739j:plain

障害というと、一般的には重い言葉で、日常生活を送るのが難しいような症状がイメージされるかもしれません。
しかし、近年、日常生活は送れても、就労などの社会活動がうまくできずに苦しむ人々がいて、中には、症状が障害と認定できる場合もあることが注目されています。
「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は、そんな障害の一つで、仙台でも診断を受ける人が増えています。

<1>注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは?

 障害というと、従来、日常生活が送れないほどの重い症状がイメージされがちでしたが、医学の進展により、日常生活では普通に見えても、就労などの社会活動がうまくできないタイプの障害も認識されてきています。

代表的なのが、「発達障害」です。
発達障害は、脳の発達が関係する障害の総称で、様々な疾患名がありますが、脳の各部の機能にバラつきが出たり、連携がうまく取れなかったりして、言動が普通と比べて変わったものになる点は共通です。


発達障害の代表的なものに、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」があります。 彼らの多くは、知的・身体的な障害はありませんが、言動に「注意欠陥・多動」の傾向が目立ちます。 注意欠陥・多動とは、平たく言えば「ぼんやり・そわそわ」というもので、多少の程度であれば多くに人に見られますが、度が過ぎると、いわゆる「変な人」と見られてしまいます。 例えば、物事の整理整頓が苦手なため、何をしても「遅い」「ミスが多い」ということになります。 また、人との情報のやり取りも苦手で、相手の問いかけにうまく反応できなかったり、逆に思い付きで一方的にしゃべり過ぎたりして、「空気が読めない」などと言われがちです。

こうした症状は、従来、本人の気合や周囲の指導が足りないせいにされがちでしたが、近年、先天的な脳機能にも問題があることが分かってきました。
 そのため、症状が就労などの社会活動に困難を来すほどの場合、ADHDと診断されることが、仙台でも増えています。  

<2>注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療

「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は、発達障害の一つで、「ぼんやり・そわそわ」する傾向が強く見られます。 多少の程度であればよくある症状であり、正常範囲内か障害かの判断は医師によって個別的になされますが、有病率は子供の5%程度、脳が成熟した成人でも2.5%程度とされ、今ではかなりありふれた疾患となっています。

 こうした傾向は、従来は本人のやる気や周囲の教育が足りないせいにされがちでしたが、脳の研究が進むにつれ、脳の中には注意力・集中力などを司る部位があり、ADHDの人はそこの働きが弱いことが分かってきました。 特定部位の働きが弱いことが分かれば、そこを強めればよいということで、効果的な薬も開発され、症状が改善される人も増えてきています。

とはいえ、薬は脳内物質の分泌を促すなどの効果はありますが、一時的であり、生来的な脳の形を変えるものではありません。 効果を持続させるにはずっと飲み続けねばならず、その中で、薬の効きが悪くなったり、副作用が出たりすることもあります。

 現状では、薬の効果は対処療法的で、完治は困難であることを鑑み、本人が症状と向き合ったり、周囲もなるべく理解するよう努めたりすることも大切です。 比較的最近知られるようになった疾患ですが、日本でも「発達障害者支援法」が制定されるなどし、ADHDを含む発達障害の人への生活・教育・就労などに関する支援が、仙台でも充実しつつあります。


<3>注意欠陥・多動性障害(ADHD)と仕事


ADHDは、症状自体は苦痛だったり死に至ったりするものではありませんが、社会生活の上で著しく不都合となります。 知的障害と異なり、彼らの多くは記憶力・思考力など脳機能の多くに問題がなく、日常生活の中では普通に見えますが、注意力・集中力などを制御する脳の一部の働きが弱いため、特に職場などで、何をしても「遅い」「ミスが多い」という状況になります。
 記憶力・思考力などがあるのにぼんやり・そわそわしていると、真面目さが足りないなどと叱責されて自信を失いがちで、ADHDという一次障害に重ねて、うつ病などの二次障害を併発する人も、従来は多くいました。
しかし、近年、ADHDの人は生まれつき脳の一部の働きが弱いことが分かり、そこを活性化する薬も開発され、服薬により症状が緩和される人も増えて、ADHDの人が仕事で活躍できる可能性も広がってきました。

ちなみに、発達障害は脳の各部の発達にバラつきがあるのが特徴で、ADHDの人は注意力・集中力に関する部位の働きが弱いのが共通ですが、それ以外は問題ないことが多く、部位によってはむしろ普通よりも発達している場合もあります。
例えば、ADHDの人は、色々な考えが頭に渦巻き、それらを収拾できず、目の前の作業に集中できないため、一般的な仕事ができないという評価を受けがちですが、言い方を変えれば、発想力が豊かとも言えます。
そのため、常識にとらわれない、突飛な発想力が尊重される業務、例えば、芸術・学問・技術革新などの分野では、むしろ普通よりも高い業績を上げることもあります。

<4>注意欠陥・多動性障害(ADHD)の方の就労支援


ADHDは、「ぼんやり・そわそわ」する傾向が強い障害で、程度が強いと、就労に困難を来します。 周囲との協調性、作業の速度や正確性などが要求される一般的な職場では、何をしても「空気が読めない」「遅い」「ミスが多い」ということになりがちです。 しかし、普通とは違った感性があるとも言え、それを活かせれば、むしろ普通よりも高い業績を上げる可能性もあります。


とはいえ、自分に合った特別な職場をすぐに見つけることは困難ですし、可能性を広げるため、一般的な職業能力を今より高めることも欠かせません。

もし不安があれば、最近仙台でも増えている、就労移行支援事業所を利用するのがいいでしょう。
  就労移行支援事業所は、障害者が就労訓練をする民間施設ですが、行政が支援しているため、障害者は安価に(または無料で)質の高いサービスを受けられます。
利用資格は行政が審査しますが、障害名に関わらず、就労支援がどれだけ必要かという観点から個別的になされ、ADHDの方も対象となります。

就労移行支援事業所には、定期的に通うことが必須ですが、一般的に、一日4~5時間・週3日~5日程度からで大丈夫です。
これにより、ADHDの人に不足しがちな注意力・集中力をはじめ、体力・マナーなどどんな職業にも必要な基礎力を、少しずつ身に付けられるでしょう。

さらに、各事業所では、それぞれの裁量で様々な職業訓練も行われています。
内容は、作業系から事務系まで様々で、中には、進化したネットワーク環境を活用して、在宅就労を目指せる所もあります。
そこでは、パソコンの基本操作はもとより、ライティング技術・デザインソフト操作・ホームページ作成・アフィリエイト活用・SEO対策など、インターネットのクラウドサービスで働けるような技術を学べます。

ADHDの場合、様々な能力があっても職場に通うのがストレスとなりがちなので、技術を学んで在宅就労を目指すのもよいでしょう。


このように、仙台では就労支援事業所が充実し、ADHDの方も自分の将来の希望に応じた事業所を選べるようになってきています。

 

障害者の働くを支援する事業所とは?

 障害者の就労移行支援事業の「manabi二日町」事業所で「障害者の新しい働き方 自宅で働くための個別相談」を随時行っています。

         ↓

 manabi二日町事業所 

電話番号
事業名
定休日
営業時間
席数
駐車場
住所
近隣施設

お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせは・・・mail info@manabi-f.com

                                    TEL 022-725-7224

 利用者さんの感想 3名

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

広告

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
2017年今後のイベント予定 13:00〜

体験通所受付中です

仙台精神障害者サポートセンターとは? |働く|仕事|シェアハウス|賃貸アパート|住む|生活保護|障害年金|障害手帳|自立支援医療|ふれあい乗車証|各種福祉サービスアドバイス|