読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台就労移行支援|障害者サポートセンター|精神・身体・知的 

宮城県仙台市の就労移行支援、manaby二日町事業所|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@manabi-f.com

不安障害の症状とは?就労移行支援、manabi二日町事業所で学べる事

f:id:tsukurusendai:20170128110427j:plain

人は日々、ある出来事に、喜怒哀楽などの感情を抱きます。
一方、理由もなく、強い不安感など、漠然とした制御し難い感情が起こることもあります。
日常的活動ができなくなるほど、それに支配される症状を「不安障害」といい、精神医学の普及に伴い、仙台でも患者さんが増えています。


<1>不安障害とは?

人はある1日の中で、感情の起伏が必ずあります。
どう感じるかは人それぞれですが、それが個性となります。

一方、具体的な出来事がなくても、あるいはあってもそれと不釣り合いに、強い不安感などが起こることもあります。
こうした感情は、喜怒哀楽など一般的な感情に比べて漠然としているためコントロールが難しく、時にエスカレートして、日常的活動がうまくできなくなることもあります。
度が過ぎると個性と言ってやり過ごす訳にはいかず、「不安障害」という疾患となります。


不安障害は、不安などに支配されてしまう障害の総称で、細かくいえば、感情には「不安」の他、「恐怖」も含みます。
似た言葉かもしれませんが、医学上は<不安は特定の対象がない漠然とした恐れ><恐怖は特定の対象があるはっきりした恐れ>と区別され、疾患名も「~不安障害(社会不安障害全般性不安障害など)」と「~恐怖症(閉所恐怖症・高所恐怖症など)」に大別されます。

なお、恐怖については、その対象を意識し過ぎることで「強迫性障害」にもなり得ます。
例えば、不潔を恐れて意識し過ぎると、そんな必要はないと自覚しつつも何時間も手を洗い続けずにはいられない、という強迫観念につながります。

また、不安や恐怖により、あるいはそれらを自覚しないにも関わらず、突然、めまい・動悸など身体的な発作が生じる症状を「パニック障害」といいます。  




<2>不安障害の治療


不安障害の原因は、心理的要因・器質的要因に大別されますが、治療もそれに応じてなされます。

心理的要因としては、まず性格的傾向があります。
例えば、心配性・完璧主義・神経質などの性格で、元々不安を感じやすい方は、やはり不安障害になりやすいとされます。

また、外的なストレスも心に影響を与えます。
どんな人でも、例えば、災害や事故のような衝撃的な出来事に遭遇すれば、心理的ショックを受けますが、その記憶が脳裏にこびりついて日常の作業が手に付かなくなるほどになると、心的外傷後ストレス障害PTSD)となります。

心理的要因が原因であれば、治療は心理療法が中心となります。
具体的には、出来事の受け止め方を修正する「認知行動療法(CBT)」・出来事に慣れる「暴露療法」・物事にこだわらないようにする「森田療法」などがあります。


器質的要因としては、脳機能の異常が代表的です。
不安障害の方は、「扁桃体」という脳内の感情を司る部位の働きが強すぎるため、不安や恐怖を過剰に感じるとされます。
器質的要因については、遺伝の影響も認められています。

器質的要因が原因であれば、治療は薬物療法が中心となります。
扁桃体の働きは様々な脳内物質に影響されますが、不安障害の方は興奮・活性化を促す「ノルアドレナリン」の分泌が多く、幸福感をもたらす「セロトニン」や沈静作用のある「GABA」の分泌が少ないとされます。
そのため現在では、セロトニンを増やす「SSRI抗うつ剤)」やGABAを強める「ベンゾジアゼピン抗不安薬」などが、投与される代表的な薬物となっています。


不安障害の治療は、このように、心理に対する心理療法・器質(主に脳)に対する薬物療法に大別されます。
しかし、心理的な不安が長引けば脳の働きも変わり、脳機能に異常があれば心の感じ方も変わってくるというように、両者は相互干渉的で原因をどちらかに特定するのは難しく、多くの場合、心理療法薬物療法が併用されます。


<3>不安障害と仕事


不安障害は、それ自体で死に至るような疾患ではありませんが、社会生活、特に就労において、とても不都合です。
日常生活では、症状に配慮しながらマイペースに過ごすこともできますが、働くとなれば、周囲に合わせて行動せねばならず、不安や恐怖の対象から逃れられないこともあります。

特に、社交に不安や恐怖を抱いている場合は大変です。
例えば「社交不安障害」は、他者からどう見られるか強く不安を感じる疾患で、特に、人前での発表・目上の人との会話・人との会食などの状況に強いストレスを感じます。
やや緊張する程度であればよくあることですが、社交不安障害になると動悸・下痢・発汗などの身体症状も発現するため、継続的な就労が困難になります。

この他の不安障害でも、就労に困難を来すのは同様です。
例えば「不潔恐怖症」は、社交とは直接関係ありませんが、他人の触った物に触れられなかったり、強迫観念で何時間も手を洗い続けたりするので、会社で同僚と共同生活するのは難しいでしょう。


このように、どんな症状であれ不安障害があると働くのが大変なので、医師の指導の下、心理療法薬物療法に取り組み、治療に努めることが必要です。

さらに、継続的に働くとなると、日々新たなストレスに晒されることになるので、ストレスに対処するための自助努力も欠かせません。
努力と言っても様々ですが、まずは、食事のバランス・睡眠の質や量・運動不足の解消などに留意して健康的な生活を送るのが大事です。
体の健康を保つことは、自律神経の安定や脳内物質分泌の活性化などを促し、心の健康にもつながります。  

<4>不安障害の方の就労支援

何らかの不安障害の生涯有病率は約1割といわれ、その中の何割かは、働くことがうまくできずに苦しんでいます。
こうした悩みは従来、「働けないのは気合が足りないからだ」などと軽視されがちでしたが、近年心の障害への理解が進み、日常生活はもちろん、就労意欲も支援しようという気運が高まっています。
今働けずに苦しんでいる不安障害の方は、こうした中で生まれた、就労支援のための福祉サービスを利用するのもよいでしょう。


代表的なのが、最近仙台でも増えている、就労移行支援事業所です。

就労移行支援事業所は、障害者が就労訓練をする民間の施設ですが、行政が支援しているため、障害者は安価に(または無料で)質の高いサービスを受けられます。
利用資格は行政が審査しますが、障害名に関わらず、就労支援がどれだけ必要かという観点から個別的になされ、不安障害の方も対象となります。

就労移行支援事業所には、定期的に通うことが必須ですが、一般的に、一日4~5時間・週3日~5日程度からで大丈夫です。
これにより、働くことで生じる不安に対処する力を、少しずつ身に付けられるでしょう。

さらに、各事業所では、それぞれの裁量で様々な職業訓練も行われています。
内容は、作業系から事務系まで様々で、中には、進化したネットワーク環境を活用して、在宅就労を目指せる所もあります。
そこでは、パソコンの基本操作はもとより、ライティング技術・デザインソフト操作・ホームページ作成・アフィリエイト活用・SEO対策など、インターネットのクラウドサービスで働けるような技術を学べます。

不安障害の場合、様々な能力があっても職場に通うのがストレスとなりがちなので、技術を学んで在宅就労を目指すのもよいでしょう。

このように、仙台では就労支援事業所が充実し、不安障害の方も自分の将来の希望に応じた事業所を選べるようになってきています。

障害者の働くを支援する事業所とは?

 障害者の就労移行支援事業の「manabi二日町」事業所で「障害者の新しい働き方 自宅で働くための個別相談」を随時行っています。

         ↓

 manabi二日町事業所 

電話番号
事業名
定休日
営業時間
席数
駐車場
住所
近隣施設

お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせは・・・mail info@manabi-f.com

                                    TEL 022-725-7224

 利用者さんの感想 3名

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

www.syuurouikoushiensendai.xyz

 

広告

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
2017年今後のイベント予定 13:00〜

体験通所受付中です

仙台精神障害者サポートセンターとは? |働く|仕事|シェアハウス|賃貸アパート|住む|生活保護|障害年金|障害手帳|自立支援医療|ふれあい乗車証|各種福祉サービスアドバイス|