仙台就労移行支援|障害者サポートセンター|精神・身体・知的 

宮城県仙台市の就労移行支援、manaby二日町事業所|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@manabi-f.com

障碍者の職業訓練の必要性について

f:id:tsukurusendai:20170503160555j:plain

目次

 

障碍者が就労することを考えた時、様々な不安がつきまとうと思います。本当に就職できるのだろうか、就職しても定着できるのか、トライアルだけで終わってしまうのではないか、様々な悩みを皆さん抱えているでしょう。そこで、障碍者が就労を考える時に、職業訓練の必要性について一緒に考えてみませんか。

 

障碍者が働こうと思ったら?

まず、最初に障碍をお持ちの方が働こうと思った時に、どんなことから始めればよいでしょうか。役所への相談、ハローワークへの相談、または主治医への相談など、相談の窓口は幅広くあります。それをどう使うかは選択肢も多く、上手く使いこなせないのが現状だと考えます。

 

一番肝心なのは、働けるという許可が出ているのはもちろん、自分の障碍について自己受容が出来ているかも大事なことの一つになってきています。そして、自分はどう働けるか、会社の一員として働けるにはやはりスキルは重要なものとなります。

 

*障害についても自己受容とは?

先ほど少しお伝えした一つとして、障害についての自己受容ですが、実際に求人に応募し、面接となった際に、配慮してほしいことや自分のできる範囲を企業にどれだけ説明できるかで、お互いに残念な結果にならないためです。配慮というのは、近年話題に上がりますが、合理的配慮です。これは企業側が全てを用意するのではなく、自身で発信していかないと成り立たないものになります。

スキルについても触れましたが、なぜスキルが必要なのかというと、企業は利益を出していかなければなりません。障碍者の雇用率を維持することも企業には求められますが、やはり企業としては障碍者を雇用し、障碍者の仕事を創出していくことももちろんです。しかし、その創出はずっと長くあるものとは限らないのではないでしょうか。そこで、障碍者自身が、ある程度のスキルを身に着け、職場の戦力となれば、企業にとっても障碍を持つご自身にとってもプラスになると思います。障碍者自身が、自分で身につけたスキルで職場に貢献できるということは、自分の自信に大きくつながるはずです。スキルをどう身に着けるか、というのは職業訓練を行うことです。

f:id:tsukurusendai:20170503160615j:plain

障碍者職業訓練 

職業訓練を行うことにより、自分の知識も広がりますし、そこで得た知識や技術は就職するにあたって非常に大きくプラスになると考えます。何も訓練をしないで面接に来た人と、職業訓練を経て面接に来た人では、印象として差が出ると思います。

知識や技術をどんどん吸収していくということは、自分への自信にもまたつながるはずです。今までできなかったこと、知らなかったことができるようになれば、自ずと自信がつき、就職についてももっとはっきりとした目標が見えてくることでしょう。

職業訓練では、様々な訓練内容があり、訓練する場所によって変わってくるとは思いますが、就職するためのものとしてだけでなく、自分自身のためにも実になるものとお考えになるとより良い訓練になると思います。

 

障碍者の求人とは?

求人票を片っ端から見て、応募して、という繰り返しではなく、きちんと職業訓練を受け、自信を持って就労するということが、今後障碍者が働いていくうえで強みになってくると思います。障碍を持っていても、職業訓練を受けることにより、一般枠の人に負けないくらい就労している方々もたくさんいます。まずは、「職業訓練」ということがあるのだということを知り、そこで得るものが自分にとっての武器となることをイメージして、今後のご自身が働くということをよりはっきりと描くことができれば、生活の安定や自立も目指していけることと思います。

 

www.syuurouikoushiensendai.xyz

 

manaby二日町事業所公式HPこちら