仙台就労移行支援|障害者サポートセンター|精神・身体・知的 

宮城県仙台市の就労移行支援、manaby二日町事業所|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@manabi-f.com

障害者手帳を取得するメリット

f:id:tsukurusendai:20170621164015j:plain

目次

 

障害者手帳とは?□

障害者手帳を取得していない方は、取得しようか非常に迷われると思います。お子さんが障害を持っているとわかり、手帳を取得しようか悩んでいる親子さんも多いかと思います。障害者手帳には申請するまでに、いくつかの手続きが必要となりますが、申請方法はそこまで煩雑なものではありません。迷っている方はメリット、デメリットについて考えるのかと思いますが、申請ができる対象に該当する方は取得したほうが良いと思います。

 

手帳を持ったイコール障害者と認定されたという意識がより強く生まれるのではないかと、申請を躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは、マイナスとしてとらえず、その手帳をどう活用していくかということでメリット、デメリットが見えてくると思います。手帳は更新していくものですので、どうしても手帳を持つのに耐えられなかった、ということであれば更新しないということも選択できます。

f:id:tsukurusendai:20170621164309j:plain

 

障害者手帳のメリット□ 

それでは、取得によるメリットをあげていきます。一つとして、様々な場所での割引が適用されます。これは、取得した際にも紹介されるかもしれませんし、インターネットでも探すこともできます。地区によっても様々ですので、お住まいの地区によって多少異なってくるかとは思います。例をあげると、携帯電話の割引、映画館、美術館、水族館、動物園等の施設の割引、交通機関の割引などが適用となります。また、公共住宅への優先入居など、取得する手帳によっても様々ですので、自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

もう一つのメリットは、障害者枠での求人に応募することができます。これは障害をオープンにして働くということになりますが、障害者枠での求人だと企業側も配慮するという動きをしてくれますので、一般枠で応募するより自分のことをより説明しやすくなると思います。

 

企業の求人に応募する際、障害者枠での求人を考えているのであれば、手帳の取得は必要となってきます。手帳を取得するということは、障害者枠への応募ができるステージに立てたということですので、堂々と取得されてみてはいかがでしょうか。会社への手続き等で手帳のコピーの提出などありますが、それ以外に常に手帳の提示を社内でするということはまずないと思って良いかと思います。従いまして、手帳を取得しているということは一つの証明のようなものと考えても良いと思います。

f:id:tsukurusendai:20170621164329j:plain

 

 障害者手帳のデメリット□

成人している人を念頭に置いて、手帳取得のメリットをお伝えしてきましたが、実際に手帳を取得し、デメリットは何かと考えた時に、特に思い浮かびません。私自身、成人してから精神での障害者手帳を取得しました。取得する際に何か迷ったかといえば、迷いというのはなく、申請が通るかどうかが気になるところでした。手帳を持ったことにより、障害者なのだという意識が強くなって悲しくなったということもありません。なぜ取得しようと思ったかというと、自分が障害を持っているのだという証明が、手帳という形でできるのであれば、申請してみようと思ったからです。精神の障害者手帳は2年で更新となります。中には、手帳の返却を目指して自分の障害を克服しようとしている方もいらっしゃいます。手帳取得のメリットをお伝えしましたが、返却を目指している人を否定するということはいたしません。目標を持って取り組んでいるということは素晴らしいことだと思います。

今、手帳の取得で迷われている方がいらっしゃるのであれば、まずは申請してそれが通るところからが始まりです。受理され、手帳が発行された時には、様々なサービスが受けられるということと、障害者枠での求人への応募ができるということを思い出して考えてみてください。

障害者手帳の事をアドバイス、就労移行支援□

manaby二日町事業所は2016年9月に開所致しました、

2017年6月、統合失調症うつ病発達障害、不安障害、双極性障害アダルトチルドレンなどの障害の方が15名ほど通所しています。

障碍者に合わせた自分に合った生き方を提案致します。

詳しくはこちらから

  

www.syuurouikoushiensendai.xyz

manaby二日町事業所公式HPこちら