仙台就労移行支援|障害者サポートセンター|精神・身体・知的 

宮城県仙台市の就労移行支援、manaby二日町事業所|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@manabi-f.com

パソコン好きで自立したい方にお勧め!双極性障害で苦しんだ私の薬が減った理由とは?

f:id:tsukurusendai:20171101164010j:plain

私は双極性障害でとても辛い思いを長年してきました。

 

うつになって、気分が悪くなり、ひどくなると死にたくなる事もあり、20年ぐらい前に10か月間も入院しました。

 

 うつが良くなってきても、またしばらくしてくると、またうつが来るのです。

 

繰り返してしまう気分の波に私は悩んでいました。

 

以前はパソコンが好きで月に2回公民館で有志で行っているパソコン教室に通っていました。

 

 自立を目指して就労支援に通う

そんなある日、パソコンで就労・自立を目指す障がい者の事業所「manaby二日町事業所」の存在を知り通うことになりました。

 

「就労移行支援」をいう仙台市の福祉サービスです。

 

訓練や生活は、私は朝バスでmanaby二日町事業所に行き10時から朝礼があり、それからパソコンを使って訓練をします。

 

私は今ワードの応用を勉強しています。午前中12時まで学び、1時までお昼休みです。

お昼ご飯をみんなで一緒に食べたり自分のブースで食べたり、それぞれ自分のスタイルに合わせた休憩を送ります。

 

 1時からまた訓練が始まり3時まで続けます。毎日この訓練に来ることが双極性障害の症状がでず、体調が良い状態を保っていることができています。

 

 平日はパソコン訓練が中心ですが、土曜日はイベントで台湾まぜそばを食べに行こうという事で、5人で行きました。

 

台湾まぜそばは、画像にあるように麺の上に、ネギ、みそ、のり、すりごま、にら、最後に生卵が載せてあるのです。かなり辛かったです。

 

でも生卵で辛みがマイルドになるのです。

 

みんな後からラー油や七味唐辛子を足していました。

 

この店には、他にも酸辣湯があり私は、この酸辣湯が気になりましたがこの日は台湾まぜそばを食べました。

 

 私がmanaby二日町事業所に行くようになって11月で1年になります。

 

1年間は早かったと思います。

 

初めはパソコンのことはよくわかっていなかった私が、少しずつ支援員の皆さんに教えて頂いてチラシを作ったり、文章を書いたり、詩を作ったりしました。

 

Excelの基礎を学び、今はWordの基礎、応用を学んでいます。

 

タイピング練習のBenesseマナビジョンでは最初、昨年の12月19日に9点でした。

 

今は最高が34点取ったことが1回だけあります。

 

まだまだですが25点も良くなったのでタイピングはこれからも練習していって少しでも点数を伸ばして目標はP険タイピングの4級、3級、準2級合格を目指していきたいと思っています。

 

双極性障害のお薬が減った理由とは?

 

就労移行支援、manaby二日町事業所に通ってから、7か月で薬が減りました。

 

いろんな理由があると思うのですが、毎日の日課として、通所しているのが良いのではないのかと病院の先生は言われます。

 

今まで薬が基本形の予防薬以外に必ず他の薬を飲んでいたのです。

 

それが今年の6月から基本形の予防薬を飲むだけなのです。基本形の予防薬だけだと副作用がないので楽なのです。

 

これから私は、manaby二日町事業所でWordを中心に学んでいき機能をもっと覚えていきたいです。

 

いろんな文章を打てるようになり、その文章に画像を取り入れられるようになりたいです。

 

将来的には自分で何か、文集とか本、自分史みたいなものが作れたらいいなと思っています。

 

私と同じような双極性障害を持っている人に伝えたいことは、今とても辛くて大変だと思いますが、それでもどんな障害でも、考え方次第、今与えられたこの障害に感謝を持って受け取っていくとき、必ず良き方向に変えられていくと思います。このmanaby二日町事業所でパソコンの学びをしていくことも自分にとっての一つの良き選択の一つだと思います。私たちの未来はどのようにも選択できるのです。

 

 

 

manaby二日町事業所公式HPこちら