仙台の就労移行支援[就労・自立支援 ひらく]精神・発達障害 PC・IT・WEBで未来をきりひらく 

宮城県仙台市青葉区の就労移行支援、就労・自立支援 ひらくはH30年3月まではmanaby二日町事業所でしたが事業名変更致しました。|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@sendaihiraku.co.jp

食から精神障害に向き合う、ブルーマンデー症候群対策「おいしい就労支援」

憂鬱な月曜日を楽しい日にしたい、その思いで元イタリアンシェフの事業所長が

 

自分の得意な事=「振る舞いパスタ」をすることにしまし。

 

障がい者の就労支援の課題として、「働く」ためには週20時間~通えなければ、

 

働くことができません。

 

週20時間といえば5時間を4日間が目標です。

 

しかし、半分位のメンバーさんが通所する事ができな現状です。

 

まずは、「職場に来ること」の練習が必要なのです。

f:id:tsukurusendai:20180507135454j:plain

月曜日が嫌いと相談を受ける

 

ある日、一人のメンバーさんから、なぜ?月曜日がこんなにつらいのか?と相談を受けました。

 

相談の中で、私のたどりついたことは「月曜日に些細な楽しみ」を作ることを提案しました。

 

「振る舞いパスタ」を決意した日

 

土曜日に行っている、障がい者起業塾、塩崎起業塾の塾生と、起業シュミレーション

 

課題として、まずは自分の通っている事業所「就労・自立支援 ひらく」の集客方法を

 

話あっていました。

 

 どうしたら、「就労・自立支援 ひらく」をたくさんの方に知っていただくことができるのか?

 

 どうしたら、メンバーさんの利用日数が増えるのか?

 

などの課題を話しあっていた時、塾生から、所長はパスタが得意なのだから、

 

それを振舞ってみたら?

 

それは起業塾で教えていた「自分の強味」=「USP」

Unique Selling Proposition

USPを用いることにより、優位性=アドバンテージになり、参入障壁を作ることが

 

できると起業塾で教えていたことです。

 

食から支援すること

 

 当日は事業所の設備問題な不安はありましたが、メンバーの一人がお手伝いしてくれ

て、12時5分にはパスタ1kg(約10人前)を振舞うことができました。

 

第一回目は「春キャベツとブラックオリーブのペペロンチーノ アンチョビ風味」

 

キャベツ、玉ねぎ、マイタケ、ジャガイモ、お野菜たくさんにして、食物繊維を豊富に

 

とれるように心がけました。

 

一人暮らしの男性は野菜が不足しがちだからです。

 

 そして、プロっぽい、お店で食べるような、イタリアンテイストにして、

 

嫌いな月曜日、美味しい物を食べられる日

 

ブルーマンデー症候群対策になればと思って活動致します。

 

人間関係が苦手で、個別スタイルで学習する事業所ですが、パソコンで仕事をしても

 

必ず「人との関わり」はあります。

 

お昼のひと時、少しでも、自分のペースで良いので、「人との関わり」の

 

練習を目指しています。

まとめ

 

 「仙台 ひらく」では障害に合わせた多様な働き方を支援しています。

 

事務系ソフト 

Word・ ExcelPowerPointを学び履歴書に記載し、事務系で障がい者雇用を目指す。

 

WEB制作

HTML・CSS・Phoshop・Sass・PHPを学びクリエイティブに働く事を目指す。

 

ライティング・Illustratorを学びクラウドワーカー・フリーランス・起業を目指す。

 

パソコンスキルで障害のハンディを補い、「働く」を無理なくできるように支援致します。

一緒に未来をきりひらきたいメンバーさん大募集です。

お問合せはお気軽にどうぞ。

                   ↓

www.good-f.co

 

TEL 022-725-7224

事業所場所

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18 ノースコアビル6F

「就労・自立支援 ひらく」

この文章を書いたのは「事業所長 塩崎俊洋」

 

www.syuurouikoushiensendai.xyz

 

 

 

 

事業名について・・・manaby二日町事業所からH30年4月に「就労・自立支援 ひらく」に変わりました。
過去記事文中に「manaby二日町事業所」とある場合がありますが、「ひらく」と同一事業所です。