仙台の就労移行支援[就労・自立支援 ひらく]精神・発達障害 PC・IT・WEBで未来をきりひらく 

宮城県仙台市青葉区の就労移行支援、就労・自立支援 ひらくはH30年3月まではmanaby二日町事業所でしたが事業名変更致しました。|お問い合わせは→TEL 022-725-7224  mail  info@sendaihiraku.co.jp

双極性障害は治らないのか?克子の結婚生活とは?

f:id:tsukurusendai:20180508092800j:plain

私、克子は現在、病気の苦しみ、悩みがありますが

 

それは誰でも、それぞれ、生きていればあります。

 

でも私は、ある意味で幸せだと思います。

 

家族がいます。

 

優しい主人がいます。

 

子供が3人います。

 

子供は大きくなってもいつまでも親の心配の種です。

 

それでも、それぞれに自分の生活を

 

見つけて頑張っています。

 

そして、時々は私の事を心配してくれています。

 

それでいいのです。

 

最後は私と主人が二人の生活です。

 

私は、主人には感謝しかないのです。

 

こんな病気の私を大事にしてくれて

 

家事も手伝ってくれると言うよりも

 

ほとんど、家事をしてくれるのです。

 

私は、気が向いた時に少しするぐらいです。

 

だから、私は主人に対しては頭が上がらないのです。

 

そんなことを言いながら

 

私は主人に、言いたいことを言っているのです。

 

主人も、私に言いたい事を言っています。

 

だから私達は、いつもケンカみたいなことをしています。

 

でもいくら言い合いをしても

 

長くは続きません。

 

お互いにいつの間にか、仲良くなっています。

 

それが夫婦なのでしょう。

 

私は主人にもっと感謝しなくては

 

いけないと思っています。

 

今の主人だからここまでもったのであって

 

普通だったら、私は、離婚されても仕方がなかったのです。


病気は、いつ、鬱が発症するか?

 

いつ、躁が発症するか分かりません。

 

ある程度は、予測出来ても

 

そのとおりにはならない事が多いです。

 

私は、よく爆弾を抱えているような

 

ものだと思っていました。

 

いつ、爆発するのか、ひやひや物です。

 

ある時に、私はカウンセリングで相談しました。

 

双極性障害は治らないのですか?

 

私は一年に一、二回、鬱になるのです。

 

昔に比べたら随分と良くなったのです。

 

でも鬱は辛いです。

 

完全に治ることはできないのでしょうか?

 

と聞きました。

 

治る事もありますよ。

 

でも一年に一、二回、鬱になると

 

必死である方に頼るでしょう。

 

元気になったら自分勝手に行動するでしょう。

 

と言われました。

 

だから、過ぎた過去でもなくて、

 

まだ来ない未来でもなくて、

 

今、現在を感謝して生きていくといいですよ。

 

と言われました。

 

私はその時あまりよくわからなかったのですが、

 

だんだんとわかってきたのは

 

私は、過去に縛られていたのです。

 

いくら考えても仕方がないのに

 

思い煩ってしまい悩んでしまうのです。

 

「あなたがたの思い煩いを神にゆだねなさい

 神があなたがたのことを心配してくださるからです」

                 第一ペテロ5-7

                  (新約聖書

 

この聖書の、御言葉を読んでも、何故か私には響いてこないと

 

思っていたのです。

 

でも聖書の、御言葉は、自分に響いてくるとかではなく、

 

信じることなのです。

 

私自身、そのことが良く分からなくて

 

ずいぶん悩みました。

 

でも、あんまり悩まなくてもいいと思います。

 

実は今回は、私のずいぶん昔の話

 

涙、失くししては書けない、

 

涙、失くしては読めない、感動のものを書こうと思っていたのですが

 

次回にすることにしました。

 

楽しみにしていてください。

 

この文章を書いたのは「メンバーさん K子さん」

TEL 022-725-7224

事業所場所

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18 ノースコアビル6F

「就労・自立支援 ひらく」

 

事業名について・・・manaby二日町事業所からH30年4月に「就労・自立支援 ひらく」に変わりました。
過去記事文中に「manaby二日町事業所」とある場合がありますが、「ひらく」と同一事業所です。